2011.05.02

福井の蔵元「大七」の酒


福井の蔵元「大七」の酒
【純米生もと一升】純米生もとは日本一美味しいお燗酒に選ばれました。大変美味しい日本酒です...

【純米生もと一升】純米生もとは日本一美味しいお燗酒に選ばれました。大変美味しい日本酒です
価格:2,625円(税込、送料別)

あなたが選ぶ地酒大SHOW2010秋において、『燗酒にして美味しい日本酒』部門プラチナ賞(第1位)...

あなたが選ぶ地酒大SHOW2010秋において、『燗酒にして美味しい日本酒』部門プラチナ賞(第1位)
価格:3,600円(税込、送料別)

【大七 「皆伝」一升】あまりの美味しさに、お電話いただきました福島県の地酒/大七酒造大七...

【大七 「皆伝」一升】あまりの美味しさに、お電話いただきました福島県の地酒/大七酒造大七
価格:5,250円(税込、送料別)

【大七箕輪門 一升 純米大吟醸】140人のプロが第一位に選んだ純米大吟醸酒福島県の地酒/大七酒...

【大七箕輪門 一升 純米大吟醸】140人のプロが第一位に選んだ純米大吟醸酒福島県の地酒/大七酒...
価格:8,400円(税込、送料別)

【送料無料】大七 宝暦大七 生もと造り 純米大吟醸雫原酒 1.8L 【smtb-t】【1105送料無料...

【送料無料】大七 宝暦大七 生もと造り 純米大吟醸雫原酒 1.8L
価格:15,750円(税込、送料込)

丁寧に醸し上げた特別本醸造酒です。この商品は受注発注商品です。八海山 磯自慢【日本酒】大七...

丁寧に醸し上げた特別本醸造酒です。この商品は受注発注商品です。八海山 磯自慢【日本酒】大七
価格:3,150円(税込、送料別)

2007.07.08

こんな酒、飲んだことない

どうも。連続投稿になります。

さっき「一人娘」のことをブログに書いて、その後、つらつらとその酒を売っているサイトを見ていました。

そうしたら、「日本には、まだまだ美味そうな酒があるんだなぁ」と感嘆してしまうものを見つけました。

[栃木県] 四季桜 万葉聖 大吟醸生酒
720ml 超限定酒(H.14年12月瓶詰)


上記は楽天へのリンクだが、このブログを書いている時点で「残りあと17個です」と表示されている。

さらに解説には「平成3年より日本航空国際線ファーストクラスに搭載された逸品です。やや淡麗辛口の酒は日本酒通の評価を一身に集めている幻のお酒のひとつです」とある。

どう見ても美味そうだ。飲んでみたい。

「※生酒ですので冷蔵保管をお奨めします」とも書かれている。

・・・いいなぁ、つめたく冷えた生酒をグイっと。

学生時代は、このような高価な酒は飲んだことがない。
さらには今もって、高価な酒を飲める身分ではない。

誰か買って送ってくれないだろうか、と夏の夜更けに夢想してみる。

人気ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。励みになります。
やっぱり日本酒が美味い 人気ブログランキング投票

にほんブログ村 酒ブログへ

振られた女と飲んだ酒

お久しぶりです。

ずっと大連で働いています。たまには日本酒が飲みたいが、安月給ではそうもいかない。

ちょっと思い出すことがあって、久々にこのブログを書いています。

関係ないですが、本日、友人の結婚式に行ってきました。
別に金持ちでも何でもない、衣服店の店員をしていた女性の結婚式です。中国で結婚式に参加したのは初めてだが、大連市内を遠く離れて、ごくごく庶民の結婚式に参加するのは、我が人生にとっては貴重な経験でした。

さて、しこたまビールを飲んだ後に白酒(バイチュウ、中国の一般的なお酒。アルコール度数が高い)で乾杯を迫られ、「こんな事ならコーラだけを飲んでおれば良かった」と反省しきりも、酔いを醒ますのに時間がかかり、このような夜中にひとりぽつねんと過去のことを思い出しています。

あれはもう20年以上も前だろうか。

当時大学生だった私は、同じサークルの1学年下の女の子から告白をされました。背が小さくて笑顔が可愛い美人でした。

貧乏学生だったにも関わらず、無い金をフンパツして、クリスマスには東京ディズニーランドへ行きましたよ。そこでいい雰囲気になったので、例によって東京・中野の「味よし」へ飲みに行った記憶がある。

そこで女性に絡めた酒を飲もうと、つい頼んだのが「一人娘」。
いやね、彼女も上に兄貴がいるだけの一人娘だったもので。

その彼女にはすぐに振られてしまいましたが。
安い居酒屋に連れて行ったのが、若い上昇志向の娘さんには不向きだったのか。

そのようなことをつらつら思い出して、懐かしくて探してみたら、ありましたよ。

■ 一人娘 本醸酒 1.8L

解説を読むと、「口当たりが柔らかで、後味のキリッと引締まった淡麗辛口酒です」とある。

当時は「日本酒は辛口が美味い」などとほざいて飲んでいましたが、いまでもこの嗜好は変わりませんな。

味よしで何度も飲んだのですから、安くて飲める良いお酒だったに違いない。
探せば、一人娘 特別純米酒 1.8Lという、より美味そうなものもあるが、残念ながらこちらは飲んだことがない。

人気ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。励みになります。
やっぱり日本酒が美味い 人気ブログランキング投票

にほんブログ村 酒ブログへ

2007.01.27

ふなぐち菊水

久しぶりです。
年末年始は、まったく休みが取れず。大連の会社で仕事納めをしてから、上海の関連会社に行って、1日の休みもなしに、工場作業のヘルプをしていました。
大連に戻ってから、日曜日は休めるようになりましたが、今住んでいる部屋が壊れて不動産屋も修理に来てくれない。業を煮やして、違う不動産屋を介して、明日から部屋探しをします。

さて、このブログを更新しているということは、日本酒が飲みたいのです。

そこで思い出すのは、やっぱり中野区の味よし。学生時代に、よく通ったことは、前にも書きました。
当時は貧乏学生でしたから、安くて美味い酒を探して、そればかり飲んでいたように思います。

そんな酒のひとつが、「ふなぐち菊水」。

とにかく安くて美味くて飲みやすかったことだけは、覚えています。
味よしに通っていた仲間達と行くと、必ず「菊水のふなぐち!」と、注文していました。

こう書いてから、さっき楽天で確認してみて驚きました。
そこに書かれているのは、「ふなぐち菊水」。いえ、名前の順序が逆なだけなんですがね。

学生の頃は、さっきも書いたように、安くて美味いが重要でしたので、それ以外は何にも追求しないで飲んでいました。そこで、この酒について書かれた薀蓄を探してみると、こんなことが書いてあります。
----------------------------------
醗酵を終えた醪(もろみ)を清酒と酒粕に分離する装置を酒槽(ふね)といいます。ここから流れ出る無垢のしぼりたての清酒を酒槽の口にちなみ、「ふなぐち」と呼んでいます。その「ふなぐち」をできたての原酒のまま、加熱殺菌や加水調整もせず、容器に詰め「生原酒」として発売したお酒が『ふなぐち菊水一番しぼり』です。
----------------------------------

いいじゃないですか、生原酒。なんだか体に良さそうだし、なんと言っても美味いだろうという雰囲気があります。

お酒の特徴として「コクのある旨口」と書いてありますが、体力が有り余っていたあの頃は、やっぱコクある酒が手応えあって良かったんだな。きっと。

ふなぐち菊水一番しぼり一升瓶
  ↑
このリンクには【冬季限定】とありますな。昔飲んだのと、どのように味わいが違っているのか、試してみたくもあります。

人気ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。励みになります。
やっぱり日本酒が美味い 人気ブログランキング投票

にほんブログ村 酒ブログへ
タグ:日本酒
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。